読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の見方

自由帳以上日記以下

2017.5 - 2

新婚旅行のことを書くタイミングを失いつつある。

 

今回も音楽の話。

来月に嫁さんのお姉さんの結婚式があって奈良へ行く。

昨年末に嫁さんの実家へ行く途中に近鉄奈良駅周辺で、値段も安くていい感じの古着を見つけてパンツとニットを買って気に入ったので、今回は結婚式がメインと言いつつ古着屋も行きたいなーなんて思っていた。

 

奈良といえば、修学旅行の定番、歴史ある街並みと奈良公園だが、

自分にとっては鹿でもなく、奈良ホテルでもなく、、lostage だ。

 

学生時代に何度かライブを見て印象的で特にギターがカッコよくて、初めて見たときはまだ4人でやってたときだったかな、そんなんもあって奈良といえばロストエイジだろってな感じに塗り替えられた。

そして数年経って嫁さんが奈良の人なのでまたLOSTAGEを思い出した。もちろん嫁はんにも出会った頃に「奈良といえばロストエイジってバンドが好きでよく聞くんだけど、知ってる?」聞いたらなんとなく答えはわかってたけど「知らない」って返ってきた。だからといってCDを貸した記憶もなく・・・。

新譜も時々チェックして買ったり、iTunesでバラで買ったり、でも結局中古屋でアルバムで買いなおしたり、結構好きなバンドで、、のくせして奈良でレコ屋やってるの知らなかった。

なので結婚式で奈良へ行くのでぜひとも古着屋さんとTHROAT RECORDSには行きたい。五味さんに会えるってのもすごいね(ミーハーですんません)。

あと、次のツアーは行きたい、スケジュール的にも行けそうな気がする。

行けたら7、8年ぶりくらい?

行きたいなー、出張orトラブルありませんように。

 

 先日の旅行でロンドンへ向かう飛行機の中で映画を1本も見ずに音楽と読書で過ごしていて、飛行中は煩いから紛らわせそうな音楽を聴こうと思って聴いたlostageがその時の気分と飛行機の音と妙にマッチしていて、思い出したのでした。

 

2017.5

本当は新婚旅行(4/26~)前に一回更新するはずでした。。

 

ざっくり振り返っていくと、まずは4月15日のエレカシのコンサート。

前回のブログに書きましたね。山梨県民文化ホールで見ることに意味があるんじゃないかと・・・。

もうね、凄く良かったです。感動しました、そりゃもう格好良かったしね!曲数も多いし、これじゃチケット安いんじゃない?って思ってしまいました。

セットリストは3月に出たベストアルバム中心に沢山演奏してましたよ。

今年中にもう一回見れたら最高だなー。

ライブ自体に行くことが減っているので、ライブ見ることは凄く贅沢な時間であったし、終わった後の平日もなんとなく日々の活力にもなった気がして行ってよかったなーと思いました。あんまりライブでこういう気持ちになることはないので歳をとったのかなんなのかわからないけど今までにはない不思議な気持ちになりました。

昔みたいに毎月何本もインディーバンド見たり、たまにメジャーどころ見たりっていうのはここ6、7年出来てなくてたぶん、これからも出来そうにない。振り返ってみると昔は質より量だったんだろう、学生だったから今より時間はあったし。

フェス的なイベントは時間が短くてダイジェストな感じが否めないので全然行かなくて、未だフェス童貞です(そんな言葉はないと思うが)行ってみたい気持ちはあるんだけどなかなか踏み出せない。ただ外タレがたくさん見れるフジロックは別物だと思っていて一番行ってみたい。だけど社会人になってから行ける感じがしない。

生で見ることからどんどん遠ざかって昨年、一昨年なんかもおそらく片手で足りるくらいしかライブに行ってないはず・・・。

覚えてるのは、Predawn, 在日ファンク, 面影ラッキーホール, 田我流, stillichimiyaって感じで、あ、全部複数回行ってんなー、特に面影ラッキーホールはライブ自体が年に数回、いや年一の年もあるんだけど、都内のライブに関しては3年前くらいからほぼ皆勤賞に近い感じでライブに行けている。ただ、今月末の半年ぶりのライブには行けそうにない・・・。

田我流、stillichimiyaは山梨出身てことももちろん大きい影響だけど、音楽もイケててローカルにスポットも当ていて、その当て方にセンスがあるなと感じる(今までに無い感じが良い)。もしかしたら山梨出身者だからそう思えるのかもしれない・・・ここ5年くらいヒップホップ・ソウルミュージックに浸かる入り口となったのがstillichimiyaだったのでかなり影響受けていて、渋谷とか恵比寿とか近場でやるライブは見に行ってます。聴き始めて数年なのに思い入れも強くて3年前?4年前?クアトロでZAZEN BOYSとの対バンで田我流さん以外のメンバーにCDウォークマンにサインもらったのがいい思い出だったのですが、昨年の結婚式のときに弟がメンバー全員にサインをもらったらしくその色紙を余興の新郎DJプレイ中にプレゼントされて大いにビビりました!いい思い出です。そんな弟も今年か来年には結婚しそう・・・めでたい!

話が少し逸れました、、

Predawnは何だかんだ年一くらいで行ってるかも。MCはあれだけど歌声が素敵。

 

そして今、6月9日のtheピーズ日本武道館に行くか迷っている。残業あったら間に合わないのでなんとも判断し難い状況だが気になっている・・・ニッポン放送聞いてる限りではCM流れてるしまだチケットはあるんだなー。

 

意外と長くアツく書いてしまったので、ロンドン‐コペンハーゲンの話はまた次回とします。

2017.4 - 2

リンクにもあるtumblrを更新しました。

 

昔(2011年頃~)撮った写真から徐々に更新しています。2013年の夏の写真を更新したので、最近の写真に追いつくまではもう少し時間が掛かりそう。

といっても昨年、一昨年はほとんど撮れてない・・・。

今年に入ってからは、PC関連に費やす時間が出来てブログも2回目の更新だし、ときどきカメラを持って外出したりしている。

カメラを持って外に出ない日々が長らく続くと、カメラを持ち出すのが非常に億劫になる。重たいし、天気悪くなったら気遣うしね(まあそんなたいしたカメラ使ってないんですけどね笑)嫁はんの実家の関西方面に行くのにテンション上がってカメラ持って行ったのも最初だけだったな・・・その後は荷物になるから持っていくのはやめてました。

今月下旬からロンドン - コペンハーゲンに行くので若干億劫ですがカメラ持っていきます。いい写真が撮れたらいいなァ

あと、9月にルーマニアブカレスト)行くことも決まりました。こっちも写真を撮るには楽しそうな街です。

 

今週末はわざわざ帰省してエレファントカシマシのコンサートへ行く。

山梨県民文化ホールで見ることに意味がある気がするのでチケットを取った。それは青春を過ごした地だからかな。武道館で見るエレカシだってそりゃ素敵なんだけどね。

県民文化ホールといえばくるりのコンサートを当時高3のときに小ホールで見てえらく高揚したことを思い出す。あのときは大ホールが工事中で小ホールだったんだけどそれが良かった。今のくるりは聞かなくなってしまったんだけど当時めちゃくちゃ好きで毎日のように聴いていた。あのツアーはマグワイヤじゃなくてクリフ・アーモンドがドラム叩いててキーボードは堀江博久、かっこよかったなあ。

あとは県民文化小ホールといえば、学生時代に夏休みに帰省してて暇だったときにライオンズクラブ何十周年かの記念でC.Wニコルが講演会やるって知って、時間を持て余してて面白そうだから聞きに行ったら若者はほぼゼロでしかもガラガラだった。ニコルさん大きかったな、本は買わなかったけど、握手はしてもらったっけな。

高校の専攻の研究会(4校くらい集まってやる発表会みたいなやつ)で実行委員会だったから小ホール使ったこともあった。

小ホールは何かと縁があったりして、大ホールはやっぱりキャパが違うんでおそらく一回しか入ったことない気がする。

その1回っていうのが、あややのコンサートで行きました。あれは中1か中2くらいだな、黒歴史っていうのはこういうことだよなって思う(友達とか嫁さんとか誰にも言ったことない笑)ただ中1とかなんでもちろん家族は知ってる。

今考えるとあやや見てたってセンスあるかもとか思ったりもする(自分を擁護笑)あれは振り返ってみると本物のアイドルだと思うから。ピンで歌って踊れちゃうってすげーよやっぱり。佇まいそのものがアイドルだったよね。

 

今もあるかわからないけど当時はチケットぴあも入ってて、当時好きだった銀杏BOYZのチケット取るためにわざわざ並んだりして、、意外と思い出あるんです、山梨県民文化ホール。今はネーミングライツコラニー文化ホールか。楽しみだな~。