私の見方

自由帳以上日記以下

classic

年の瀬なので今年聴いた音楽を、、、
毎年やってるので、今年もまとめます。
毎年Polarisが入るのだけど今年は入りませんでした。新譜も出たのに
まあいいとして、
私は雑食なのでなんでも聴きます。今年はDJデビューもしたり、、
音楽が無ければ生きていけないなんてキッズやヘッズみたいなことは言わないけど好きです。とても
1月から振り返るとしたらまず南波志帆ちゃんを聴いたこと。これはほんとにやられた。アルバム3枚くらい買った。一番好きな曲はわりと最近の「私が髪を切る8の理由。」
3月には待ち望んでたPredawnの新譜。私的名盤仲間入り
そして4月くらいから突然、東京事変にハマってアルバム集めて。特別好きじゃなかったけど一気に好きになる。リズム隊が素敵
5月くらいから田我流、stillichimiya周辺にドハマりしてだいぶすっ飛ばして今に至る(8月は山下達郎ばかり聴いてました)。同郷ってのが大きいけど魅力はそれだけじゃなくて、というかヒップホップ自体に興味が湧いて、今までスチャダラパーくらいしか聴いてこなかったから反動が大きかった。
stillichimiya関連の廃盤やらmixCD漁って、聴くたびに高揚して 久々にライブハウスにも2,3本足を運んで 次に日本のヒップホップを探って、サイプレス上野とロベルト吉野とか聴きやすいかつ地元に密着しててラッパーのこういうところが自分の心を打つんだなと改めて思った。そんなわけで日本のヒップホップ漁ってを聴いてる毎日です。
今まで散々聴いてきたロックンロールもいいんだけど、ヒップホップの言いたいこと言ってる感じがたまらなく響いて虜になってしまいました。少し背伸びしてるようで身の丈は分かっている。みたいな感じ?

今年聴いた音楽たちは
救いなのか 娯楽なのか
なんらか自分を反映している気がしてならない。

、、そして今はダイアナ・ロスに夢中

ルーツを辿ったらたどり着いたブラックミュージック。まだまだ浅瀬にいるけれど探れば探る程、深い深い闇のよう
趣味だからもう深くは追求しない。